ウルセラで若返りを実現


顔のリフトアップは加齢とともに表れる深刻な問題です。従来までは顔たるみに関しては予防措置の方が多く器具が開発されており、すでに起きてしまったたるみについては美容整形外科でのメスを使った切開手術でしか対応ができないものとされてきました。しかし現在ではウルセラ(Ulthera System)という全く新しい原理を用いたフェイスリフトアップの方法が多くの美容クリニックで用いられるようになっています。
ウルセラ(Ulthera System)は、顔の気になる部分に超熱音波エネルギーをあてて外部からの力で内部のたるみのもとになる筋肉に施術をほどこすものです。ほかにもサーマクールをはじめ、皮膚をターゲットとしたたるみアップ器具はありましたが、基本的には、深くたるんでしまった肌にはあまり効果がありませんでした。ウルセラ(Ulthera System)は、今までの治療機器では届かなかった「SMAS筋膜」というたるみのもとになっている筋肉をターゲットにしています。
一見同じようなサーマクールとウルセラ(Ulthera System)ですが、これらには大きな効果の違いがあります。サーマクールで得られるのは、あくまで皮膚の引き締めによるたるみ改善効果です。使用後には肌のハリ、肌質の改善として実感できます。この効果のことは専門用語で「タイトニング」といいます。
ウルセラは、筋膜の引き上げによってたるみを改善させる効果があります。この効果は、「リフティングやリフトアップ」と表現されます。