プラセンタ注射とアンチエイジング


ここ数年の間に「プラセンタ注射」の知名度が上がった一つの要因として、「アンチエイジング」ブームがあります。アンチエイジングは今も多くの雑誌やメディアに取り上げられており、美魔女といった言葉に象徴されるように40代であってもまるで20代のような肌のツヤ・ハリをもっている人のことが讃えられています。アンチエイジングは今や全女性にとってのあこがれであるということができます。
そのアンチエイジングですが、プラセンタ注射は実現のためにかなり大きな効果が期待できます。プラセンタには肌細胞を強化し、肌の弾力にかかわる「コラーゲン」の再生や、シミやシワの改善などの老化を防止する効果があることがわかっているからです。プラセンタ注射の「プラセンタ」とは「胎盤」という意味であり、実際に胎盤成分を薬として加工しています。
胎盤は女性の体の中にあり、新しい生命となる胎児に栄養すべてを与える場所です。そのため、肌を作り上げるための必要充分な成分がその内部にたっぷりふくまれているのです。よく美肌のことを「赤ちゃん肌」と言いますが、これは再生機能が備わった肌のこといっています。
アンチエイジングのためにプラセンタ注射の他に使われる方法として、「にんにく注射」というものもあります。にんにく注射とプラセンタ注射は特に競合する成分もないので、二つを同時に受けている女性も多いようです。プラセンタ注射やにんにく注射は、美肌だけでなく健康維持や筋肉の維持に役立ちます。